特長Features

中水利用システムとは

排水をキレイにして、トイレの洗浄水として再利用環境保護にも貢献するシステムです

中水とは、通常の生活に使う水の「上水」と、生活する上で出る排水の「下水」との中間にあたります。
「飲料水にも使われる水道水がトイレの洗浄のために多量に使われているのはもったいない!」
そんな考えをもとに、合併処理浄化槽の排水を中水処理槽(オゾンを使った処理槽)によりキレイにし、トイレの洗浄水に再利用するダイワ化成の中水利用システム「REQ」ができました。新設または既設の合併処理浄化槽の後に、更に水を浄化する三次処理槽と中水処理槽を設置して、トイレの洗浄水をほぼ100%再利用します。

中水利用システムとは
合併槽

生活排水を微生物で処理しBOD200mg/㍑を20mg/㍑以下まで浄化します。

三次処理槽

合併処理浄化槽で処理した排水を、更にBOD10mg/㍑以下までに浄化します。

中水処理槽

それぞれの浄化槽で処理した積水をBDO5mg/㍑以下まで処理して、その水をポンプでトイレまで送水し、再利用します。

※図は、三次処理・中水処理槽分割タイプです。

中水利用システムのメリット

地球環境にやさしい!

水の有効利用という点で環境に優しい設備となります。ISO14001を取得されている事業所などには特にオススメです。

とっても経済的!

排水を無色無臭にまで、キレイにして再利用しますので、節水効果も期待できます。

災害時でも安心!

トイレ洗浄水には処理水を再利用しますので、渇水のときや、地震などの災害のときでもトイレの心配がありません。

処理水は無色無臭に

DOB5mg/リットル以下、透明度100以上で無色無臭!

中水利用システムでは、『合併処理浄化槽→三次処理槽→中水処理槽』と三段階で水を処理することで、排水を最終的に「BOD5mg/リットル」以下、「透視度100」以上まで浄化します。処理水は無色無臭にまでなりますので、庭の散水へもお使いいただけます。

※透視度とは水の透明度を示す指標で,数値が大きいほど透明で清浄であることを示します(透視度100とは水面から100cm下まで見えるということです)

処理水は無色無臭に

独自の水処理方法

三次処理槽

三次処理槽

基本的には接触バッキ槽3室、沈殿槽の4槽構造です。接触バッキ槽の接触材には、比表面積が高く処理能力に優れたPP製の特殊円筒場ろ材を用い、それに合わせてバッキ装置もドラフトチューブバッキ構造としています。これにより、バッキ槽内の環境を微生物の有機物処理活動に最適な状態に保ちます。バッキ槽の水は常時循環させることにより、より高度な処理が可能な構造となっております。

中水処理槽

中水処理槽

中水処理槽は吸着槽、浮遊物除去沈殿槽、脱臭脱色殺菌処理槽の3槽構造となっています。吸着槽には汚水中の浮遊物、色度の吸着に優れた特殊な微細吸着炭を設けて処理をおこない、浮遊物除去沈殿槽にて更に処理水中の浮遊物を除去します。このように高度に処理された処理水は、臭いや色度を除去された後、加圧ポンプによって建屋内のトイレ洗浄水として供給されます。

活性炭ろ過槽

活性炭ろ過槽とは

浄化槽の水質悪化でお悩みの物件の「水質改善」に

現在の排水処理施設に活性炭ろ過槽を設置することで活性炭のろ過能力により、 排水の浄化、水質改善をすることができます。

1.既存浄化槽の沈殿槽に設置したポンプにより浄化槽内の汚水を汲み上げ、活性炭ろ過槽に送水。
2.活性炭ろ過槽で浄化された汚水は浄化槽の消毒槽部に戻される。
3.過剰な汚水はオーバーフローより浄化槽に戻される。

※活性炭ろ過槽には逆洗機能を備えており、 活性炭の性能を持続しやすくなっています。

・コンパクトな狭い場所でも設置可能

コンビニエンスストア向けで500×500の省スペース

・メンテナンスが容易です

通常のメンテナンスは活性炭の交換のみで、短時間で容易に行えます。

・大がかりな工事が必要ありません

排水量の増加に伴う施設の追加時のような大掛かりな工事は必要ありません。

仕様
寸  法 540×450×1170
処理水量 1000ℓ/日
流入水質 30〜50mg/ℓ
放流水質 10mg/ℓ以下
電  圧 100V
定各電力 200W
配管径 50A、30A
◎設計価格 400,000円(税別)
◎交換用活性炭 25,000円(税・送料別)
◎維持管理費用 35,000円(税別/月)

ご購入について For Customer

GoPageTOP
このバナーを非表示に 採用情報