ダイワ化成についてCompany

メッセージMessage

test

A to Z → 最初から最後まで
A → 開発、研究
X → 未知、未来、挑戦
I → 人間
Z → 完成

アクシーズ:ダイワ化成のこれからのテーマを表す言葉です。

社長挨拶Greeting

夢とロマンがやさしさを創造します

代表取締役社長 桑野 嘉一郎
修猷館高校 卒業/一橋大学 卒業
昭和44年の会社創立以来40年、ダイワ化成はオリジナリティの高い製品づくりを通して、生活の中の水回り環境の向上に努めてきました。快適な暮らしに欠かせない水、それは私達に最も身近な“自然”だと思います。環境や水質の汚染が心配されている今、人と水のコミュニケーションをはかり、地球へのやさしさをテーマとした商品を開発することが私たちの企業活動です。

毎日の生活の中で自然や環境へのやさしさといったような地球を感じる事ができる人や、仕事に対する大きな夢とロマンを持った人達を私達は望んでいます。社員ひとりひとりが、のびのびと自分を生かし、新しいものあるいは困難なものに挑戦できる。または、あらゆることに興味を持ち自ら考え、実行する。そんな企業でありたいと私達は考えています。 代表取締役社長 桑野 嘉一郎
修猷館高校 卒業/一橋大学 卒業

「日本初」を数多く持つ、発想と創造力のダイワ化成

よく私は若い社員たちにこう話しています。「3ヶ月で実績を出そう。一生懸命努力すれば、必ず結果は出てくる」と。しかしもし、実績を出せなかったとしたらどうしようと悩むことはないのです。実績が出せなかったら、なぜ出ないのかを考えればいい。そこから始めればいい。

私は社員たちが一生懸命考えて、こういうことがやりたい、と提案したことは、必ず実行させたいと考えています。つまり「有言実行」ということ。それがダイワ化成の社風といってもいいでしょう。ダイワ化成ではすべてのセクションにおいて、チャレンジする人間たちを歓迎します。

企業理念Philosophy

地球へのやさしさがテーマです

昭和44年の会社創立以来、
ダイワ化成はオリジナリティの高い製品づくりを通して、
生活の中の水回り環境の向上に努めてきました。

快適な暮らしに欠かせない水、
それは私たちに最も身近な「自然」だと思います。

環境や水質の汚染が心配されている今、
人と水コミュニケーションをはかり、
地球へのやさしさをテーマとした商品を開発することが私たちの企業活動です。

企業風土Climate

風通しのいい企業風土、それはダイワ化成の特色の一つです。例えばすべての社員は自分の意見を幹部や社長に直接提案することができる。つまり社員の一人一人は組織の歯車として、上からの指示で動くだけのロボットではない、ということです。

自分の意思で行動することをダイワ化成は何よりも大切にしたいと考えています。もしあなたが経営方針に納得できないと思ったら、社長に疑問を質すことさえも可能です。ダイワ化成とはそういう企業なのです。

あなたがさまざまなことに疑問を抱くということは問題意識を持っているということに他になりません。だからあなたが努力や工夫を重ねていけばいくほど、企業としても発展を遂げていくことになるでしょう。

会社としてはそういう社員のやる気に対して、歓迎こそすれ疎むつもりはありません。いやむしろ、ダイワ化成はそういうやる気のある社員を徹底的にバックアップしたいと考えています。給与やポスト面などの待遇面で応えることはもとより、必要な勉強会を開催したり、望むならば通信教育費を会社が負担するなど、社員の自己啓発を応援するシステムも整えています。

一人一人の能力を大切に育てたい、社員のやる気に応えたい。そういう理念のもとにダイワ化成は創業以来、一貫して向上心に燃える社員たちを全力で支えてきました。そのような教育方針は、今日では自由な発想を尊び、社員の上昇志向を鼓舞する企業風土としてダイワ化成の根幹に定着しています。

環境への取り組みEnvironmental Initiatives

基本方針

かけがえのないこの地球の自然環境に、負荷をかけない企業活動を、設計・生産・販売のすべてに於いて推進します。
また、地球環境に貢献する製品の開発及び販売を積極的に実践し、人と自然とが調和する未来の実現に貢献します。

行動方針

1.当社の事業活動が環境に与える影響を的確に捉え改善していくために,環境目的・目標・プログラムを設定し、実行します。
2.環境に関する法規制やその他の要求事項を遵守します。
3.基本方針を実践するために、以下に示す環境目的を定め、環境マネジメントプログラムを推進していきます。
 1)環境負荷の少ない商品づくり・販売を積極的に進めます。
 2)生産及び販売の全ての諸活動で省資源、省エネルギーに努めます。
 3)資源の有効活用を推進します。
 4)廃棄物、排出物を削減します。
4.環境監査及び見直しを実施し、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ります。
5.環境に関する教育及び啓蒙活動を実施し、文書化した環境方針を全社員に周知徹底します。
6.環境方針を社外から要求された際には公開します。

2011年3月3日
ダイワ化成株式会社
代表取締役社長 桑野嘉一郎

環境関連製品

家庭から出る汚れた水を浄化する「合併処理浄化槽」、雨水を溜めて散水などに再利用する「雨水槽」、家庭や事業所からの排水を浄化しトイレの洗浄水として再利用する「中水処理システム」、生ゴミを粉砕して処理槽でキレイな水に浄化する「ディスポーザー」など、ダイワ化成では環境負荷を低減するための製品開発を積極的に進めています。

会社概要Overview

社名 ダイワ化成株式会社
創業 1969年12月
本社所在地 福岡市中央区白金1丁目13-1
代表者 取締役社長 桑野 嘉一郎
資本金 5千万円
従業員数 75名(男性42名・女性33名)
事業内容 住宅用設備機器などの開発および製造・販売
営業本部 〒810-0012 福岡市中央区白金1-13-1 
TEL:092-521-1800/FAX:092-521-0662

業務内容Outline

ダイワ化成は昭和44年の会社創立以来、生活の中の水回り環境の向上をめざし、さまざまな製品を開発してきました。
創立当初の頃は塩化ビニール製タンクを販売。折からの建築ブームに乗り「クラウントイレ」「ファミリートイレ」などのダイワ化成ブランドは市場を席巻し、九州マーケットにおいては一躍知れ渡るようになりました。
そして昭和49年には日本初の陶器製簡易水洗トイレ「クリーンフラッシュ」を開発、ダイワ化成発展の基盤を築きました。
以来、ダイワ化成は家庭から工場までの水回り製品の開発をテーマに、システムバス、人造大理石バスタブ、簡易水洗便器、独自の水処理システム、合併処理浄化槽や雨水槽の開発など、斬新な発想と高度な技術力に基づく商品開発を手がけ、ユニークな技術型企業としての基盤を固めています。

技術専門部門
生産部門の
担当業務

新製品開発

  • ・企画
  • ・開発設計
  • ・本設計
  • ・施策試験

規制製品の改良
コストダウン

生産技術の開発研究

品質管理

事務部門の
業務

事務部門の業務

  • ・経理事務
  • ・営業事務
  • ・総務事務
  • ・生産事務

営業部門の業務

  • ・販売活動
  • ・販促企画の提案
  • ・受注
  • ・展示会
  • ・設計活動
  • ・新規取引先の開拓
  • ・取引先管理
  • ・製品企画

営業部門の
担当業務

事務部門の業務

福岡 大分 熊本
佐賀 中国 関東 東北

福岡

九州・中国・四国

大阪

近畿・甲信越・長野地区

東京

関東・東北
販売促進チャンネル

代理店営業

販促活動

代理店

  • ・製品説明
  • ・販促企画の提案
  • ・受注活動

販売店・工事店

  • ・製品説明
  • ・販促
  • ・受注活動

設計事務所

  • ・製品の設計指定活動

建築会社

  • ・製品説明
  • ・販促
  • ・受注活動

営業拠点及び工場Sales office and factory

東京
test

〒103-0001
東京都中央区日本橋小伝馬町15-19
ルミナスビル6F
TEL:03-5642-6353/FAX:03-5642-6354

大阪
test

〒533-0033
大阪市東淀川区東中島1-14-1
TEL:06-6323-6761/FAX:06-6323-6743

福岡
test

〒810-0012
福岡市中央区白金1丁目13-1
TEL:092-521-1800/FAX:092-521-0662

太宰府工場
testtest

〒818-0114
福岡県太宰府市北谷夕内1123
TEL:092-921-7888/FAX:092-921-7771

ご購入をご検討のお客さまへFor Customer

お問い合わせ・資料請求 ダイワ化成製品についての
お問い合わせ、購入のご相談は
こちらで受け付けます。

092-521-1800

受付:08:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

GoPageTOP
このバナーを非表示に 採用情報