簡易水洗便器 寒冷地でのご使用の注意Freeze-proofing

凍結のおそれのあるとき

トイレ内が0℃以下になると、水が凍結して器具が破損する恐れがあります。次の中から適切な処置を選んで実施してください。

1 室内暖房 トイレ室内を暖房してください。
2 ロータンクの水抜き ロータンクの水を抜いてください。
また、便器内に溜まっている水もレバーハンドルを操作して排出してください。
3 凍結防止ヒーターの利用 別途凍結防止ヒーターをご利用いただき、ロータンク内に入れて凍結防止してください。
給水管や手洗栓には、市販の水道凍結防止ヒーター(テープヒーター)を巻きつけてご使用ください。

凍結した場合

まず、トイレ室内を温めてください。

便器、ロータンクが凍結した場合

40℃程度のぬるま湯を注ぎ、徐々に解凍してください。熱湯を注いで急激に温めると陶器が破損したり、プラスチックが破損、変形しますのでご注意ください。

給水管、手洗栓等が凍結した場合

お湯に浸した雑巾等をあてて凍結してください。

凍結防止ヒーターのご使用の前に説明書をよくお読みください。

・ロータンク用AFH-5はヒーター部をロータンク水に沈めてから電源プラグをコンセントに差し込んでください。
・使用しないときは電源プラグをコンセントから抜いてください。ロータンク内の水が溜まり、タンクフタの裏側から水滴が落ちることがあります。

長期間使用しないとき

旅行など長期不在の時や長期間使用しないときは、次のことを行ってください。行わないと、不在中に漏水等が起こった場合、水浸しになり家財を濡らす原因となります。

不在時の対応

①止水栓を閉めてください。
②ロータンクの水抜きをしてください。

※暖房便座、温水洗浄便座、凍結防止ヒーター等の電気製品をご使用の場合は、電源プラグをコンセントから抜いてください。

再び使用する場合

①ロータンクの水抜きを元に戻してください。
②止水栓を開いてください。
③ロータンクの中に水が溜まったことを確認してください。

ご注意ください。

冷え切った陶器や、凍結した給水器具に、急に熱湯を注ぐと割れることがあります。また逆にタンクが空で、ヒーター等で熱せられている時は、冷水を入れると割れることがあります。必ずぬるま湯を注ぎ、急熱、急冷をしないようにご注意ください。

寒冷地とは…

・ここでの寒冷地とは1年の中でトイレ内の気温がマイナスになり凍るおそれのある地域のことを言います。よって北海道や東北地方の他に、北陸や中部地方、近畿・中国地方の内陸部と四国・九州の山岳部も寒冷地に含まれます。
・寒冷地器具の凍結防止方法は、水抜きを原則としております。停電、長期不在、空き家等にされる場合も考慮して、流動構造ではありません。

ご購入をご検討のお客さまへFor Customer

お問い合わせ・資料請求 ダイワ化成製品についての
お問い合わせ、購入のご相談は
こちらで受け付けます。

092-521-1800

受付:08:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

GoPageTOP
このバナーを非表示に 採用情報