新卒採用エントリー

開発ストーリー

システムバスの提案から納品までの流れ

物件の情報が出てきてから、見積り~提案。受注からは図面の製作~実際の生産。出荷後は現場での設置工事~引き渡しまで。製品の納品までに多くの部門が関わっていくことになります。システムバスを例に、納品までの大まかな流れを知っていただき、皆さんがその中でどのような力を発揮できるのか?ぜひ考えてみてください。

1.物件情報獲得から提案

代理店、販売店、ゼネコン、設計事務所など、幅広いチャンネルから物件情報を収集します。当然、電話やWebを通じての問い合わせもあります。(営業・本社管理)

おおまかな現場状況、要望、内容の打ち合わせをして見積書を作成します。大型のホテル物件などでは台数が多く、金額も桁違い!見積りもより慎重になります。(営業)

物件によっては参考図面やイメージCGの作成まで行い提案を実施します。(技術)

2.物件の受注

より使いやすく、デザイン性も高い提案はできないか。営業と技術でアイデアを出しながら、お客様との打ち合わせを進めます。(営業・技術)

お客様に納得していただき内定をいただくと、いよいよ承認用図面(お客様に仕様の承認をしていただくための図面)作成に入ります。実際の製作まで考えた詳細な図面を起こしていきます。必要であれば実際に現場の確認も行います。(技術)

完成した承認図にサインを頂きついに受注です!納期を含めてしっかりと確認していただくことが重要となります。(営業)

受注書、発注書、進行管理用チェックシートなど、必要書類を準備し、社内の受注処理を行います。(営業・技術・工場管理)

3.製作

システムバスを作るため、2D・3D-CADをフル活用し製作図を作成します。実際に作るための図面を作る必要があるのです。(技術)

必要となる部品や設備機器などを手配します。ここで漏れがあると、部品が揃うのが遅れてしまい、生産が止まってしまいます。(工場管理)

工場での生産もスタート。ロボットやNCも導入し、工場内は効率化されています。(工場)

すべての部品が揃ったところで一度組み立てを行い、完成品検査をします。実際に組み上げることで、製品に不具合がないか、きちんと完成品として機能するかを確認します。(工場・技術)

チャーターしたトラック便に積み込みを行い、現場へ出荷します。(工場)

4. 施工から納品

施工日を決めたり、施工店を手配したり…全体の工程管理も営業が行います。建築業者や設備業者と、納まりや納入時期の打合を行うので、多くの知識を学ぶ必要があります。(営業)

現場に荷物が到着。この時点では、床、壁、天井、シャワー、浴槽など、全てがばらばらの状態。ここからいよいよ施工です。
熟練した専門業者が施工を行います。営業、または技術も現場へ行き、進行状況の確認を実施します。(営業・技術)

2日前後で完成!完成検査を行い、引き渡し前の最終段階です。(営業・技術)

お客様にお引き渡し!ここまでの苦労が報われる瞬間です。この大切な時を、お客様と一緒に喜ぶことができるのも営業の醍醐味です。(営業)

ダイワ化成は福岡ソフトバンクホークスのスポンサーです