新卒採用エントリー

中水利用システム

中水とは、通常の生活に使う水の「上水」と、生活する上で出る排水の「下水」との中間にあたります。
排水をきれいにして、中水としてトイレの洗浄水等に再利用するのが中水利用システムです。排水の放流規制がある地域や、環境保護に関心の高い方が導入されています。
また、自家発電設備と組み合わせれば、停電時にも利用が可能です。災害時のライフラインとしてコンビニエンスストア等での導入が増えていいます。

特長

ダイワ化成の中水利用システムは、オゾンを使って排水を浄化する独自のシステムです。 浄化システムには活性炭、膜処理等の方法もありますが、ダイワ化成では、脱臭・脱色能力、施工の容易さ、サイズ、定期点検・部品交換のメンテナンス費用等を勘案し、オゾンを用いた中水利用システムが小規模店舗・オフィス・工場に適していると考えます。
ダイワ化成の中水利用システムでは、『合併処理浄化槽 → 三次処理槽 → 中水処理槽』と三段階で水を処理することで、排水を最終的に「BOD 5mg/リットル」以下、「透視度100」以上まで浄化します。
処理水は無色無臭になりますので、トイレでの再利用はもちろん、庭の散水にもお使いいただけます。
※ 透視度とは水の透明度を示す指標で,数値が大きいほど透明で清浄であることを示します(透視度100とは水面から100cm下まで見えるということです)

処理の流れ

※ 透視度とは水の透明度を示す指標で,数値が大きいほど透明で清浄であることを示します(透視度100とは水面から100cm下まで見えるということです)

メリット

水資源を手軽に有効活用

全自動
きれいな水質
限りある水資源の有効活用
SDGs達成に貢献

経済メリット

水道代削減、汲み取り費用の削減
低ランニングコスト、メンテナンスが簡単
地域によっては補助金も

開発ストーリー