新卒採用エントリー

雨水槽

屋根に降ってきた雨を、雨樋を通して採取。その雨水を浄化・貯水するシステムです。散水、洗車、トイレの洗浄水として再利用することにより、限りある水資源を有効活用できます。また、近年は集中豪雨などの自然災害に対する治水目的や、水不足対策目的で導入される方が増えています。

メリット

水資源を手軽に有効活用

すべてが自動
雨水の収集から浄化、浄化した水の供給、更に雨水が不足した場合の上水道からの給水まで、すべて自動で行います。

きれいな水質
元々きれいな雨水を利用しているため、浴槽残水などを利用しているタイプに比べ、極めてきれいな水質でご利用できます。

限りある水資源の有効活用
日本の水資源は、河川・ダム等の水源付近に降った雨水に頼っているのが実情です。水は限りある資源。
降ってくる雨を溜めることができれば、ダムにばかり頼ることなく有効活用ができるのです。

SDGs 達成に貢献

治水、貯水

事業継続性の高度化
豪雨や台風によりオフィスや工場が罹災し、操業できなくなるような事態が発生すると、事業継続に多大な影響を与えます。 BCP(事業継続計画)策定にあわせ、雨水槽を導入し、治水を行うことで、事業継続の確度を高めることができます。

BCPの充実
地震等のインフラ被害により水道水の供給が停止した場合や、日照り等の水不足で給水制限が起こった場合も、雨水槽に貯水した水を活用できます。事業継続への悪影響を緩和することが可能となり、BCPの充実を図ることができます。

治水で地域社会に貢献
近年、被害の増えているゲリラ豪雨などの局地的大雨の対策にも有効です。
大容量の地下埋設タイプであれば、大雨時の一時的な治水対策となり、急激な増水による被害を抑えることができます。

SDGs 達成に貢献

経済的

水道代削減
トイレの洗浄に飲むこともできる水道水を使うのはもったいないと思いませんか?
一般的にトイレの1回の洗浄水は大6L、小5Lくらいになり、ここに雨水を使うだけでも節水に繋がります。

低ランニングコスト
エアレーション用のブロワと、給水用の加圧ポンプのみで動くため、ランニングコストも低く抑えられます。

地域によって補助金制度もあり
自治体によっては、雨水タンクの設置に対して補助金が出る場合があります。

※SDGs(持続可能な開発目標)… 2015 年9 月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030 アジェンダ」にて記載された2016 年から2030 年までの国際目標。
※BCP(事業継続計画)… 企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画。

開発ストーリー

ダイワ化成は福岡ソフトバンクホークスのスポンサーです