新卒採用エントリー

製造・製造技術を知る

西部ダイワ工業(技術・製造部門)

ダイワ化成の製造部門を担っている西部ダイワ工業についてご紹介します。 工場では主に自社製品の部品組立や完成品の検査を行っています。3Dプリンターを使って開発・試作に取り組んだり、ロボットを導入し業務の効率化にも励んでいます。 また、隣接されたオフィスでは技術社員がCADを使って製造図を作成しており、自分が描いたものが実際の製品として出来上がっていく様子を確認でき、やりがいに繋がっています。 システムバスはオーダーメイドが基本なので、全てが特別な案件です。営業から始まり社員全員が繋いできたものを最後にカタチにするために、毎回工夫を凝らしながら、一丸となって世界に一つだけの製品を造り上げています。

西部ダイワ工業ギャラリー

製造図作成の様子です。

3DCADを使っています。

カット・加工はNCを使用しています。

ロボットも導入しています。

フレームを溶接しています。

フレームカットの様子です。

製品は自動で運ばれていきます。

クリーンルームで製造するものもあります。

トイレ組立ての様子です。

会社概要

社名
西部ダイワ工業株式会社
創業
1981年5月
所在地
〒818-0114 福岡県太宰府市大字北谷夕内1123番地  TEL:092-921-7888/FAX:092-921-7771
代表者
取締役社長 桑野 嘉一郎
資本金
2千万円
事業内容
建築設備機器(簡易水洗トイレ、浄化槽、各種雑排槽、汚水処理槽等)の製造