Plan09 扇型浴槽にゆったりとつかる

サイズ以上のゆとりがある扇型浴槽奥行き方向をあまり広く確保できなくても、扇型浴槽ならゆったりとバスタブにつかることができます。全体にやわらかい曲線なので、入っていて窮屈さも感じません。

扇型の浴槽は、その特長的な見た目のデザインに注目しがちですが、見た目だけではなく実用的な部分もあります。斜め45度に入ることになるため、湯船がかなり広く感じるはずです。奥行きが取れない時にオススメの選択肢です。

ユニットサイズ:1600mm×2200mm×高さ2200mm 設計価格【参考】:4,950,000円(税別)

※現場状況により設計価格は異なります

本体仕様

洗い場床 FRP(ミディアムグレー)
壁(3面) 100×15角サイズボーダータイル(YB22H)貼
壁(1面)・天井 デザインパネル
※壁パネルページ掲載外品
エプロン・浴槽デッキカウンター FRP(ホワイト)
その他 配管、組立金具、他部材
  • ※掲載の商品は予告無く仕様、価格を変更する場合があります。
  • ※換気扇、窓サッシなどは別途になります。
  • ※参考価格には消費税は含まれておりません。
  • ※写真の洗面器やボトルなどは価格に含まれておりません。

プレゼンボードpdfダウンロード

ご購入をご検討のお客さまへ For Customer

お問い合わせ・資料請求 ダイワ化成製品についての
お問い合わせ、購入のご相談は
こちらで受け付けます。

092-521-1800

受付:08:30〜17:00(土・日・祝日を除く)

GoPageTOP
このバナーを非表示に 採用情報